1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 連邦政府、タイヤと衣類・軽工業品の製品マーキング貼付試験を開始

連邦政府、タイヤと衣類・軽工業品の製品マーキング貼付試験を開始

(ロシア)

欧州ロシアCIS課

2019年06月27日

ロシアでは、不正流通品対策に向け、製品流通経路の把握のための国家情報監視システム(2019年5月13日記事参照)の試験運用が順次、開始されている。連邦政府はこのほど、タイヤと衣類・軽工業品に対して、マーキング識別手段貼付の義務化に向けた試験を実施すると発表した。

本試験導入の目的は、カメラ(映画用カメラを除く)、フラッシュライト、フラッシュランプに対して、マーキング識別手段の貼付試験を導入した際(2019年5月31日記事参照)と同様で、a.製品流通状況をモニタリングする国家情報監視システムの運用確認、b.試験を通じた関税・諸税の税収増への貢献に関する把握、c.監督当局および市場参加者などとの情報連携体制の運営確認、d.対象製品の生産・流通を管理する法令案の策定などのため。

タイヤに対する試験実施は2019年6月11日付連邦政府決定第753号に基づき、6月20~11月30日の間に実施する。衣類・軽工業品については、2019年6月22日付連邦政府決定第790号により6月27日~11月30日を対象期間としている。試験対象品目について、タイヤは「新品のゴム製空気タイヤ」(HS 4011)、衣類・軽工業品は「作業着(天然皮・合皮のもの)、女性用ブラウス・ブルゾン(ニット製のもの)、男性用および女性用のコート、半コート、マント、レインコート、ジャンパー・ジャケット(スキー用を含む)、ウインドブレーカー、シーツ、テーブルクロス、トイレ・キッチン用リネン類(HS 4203 10、HS 6106、HS 6201~6202、HS 6302)としており、これらの製品は12月からマーキング識別手段の貼り付けが義務化される。

試験を行う政府機関は、産業商務省、デジタル発展・通信・マスコミ省、連邦保安局(FSB)、連邦税務局(FNS)、連邦税関局(FTS)、連邦消費者権利保護監督局(ロスポトレブナドゾル)。主担当となるのは産業商務省で、本試験実施に伴う事業関係者との調整と管理、試験方法と実施計画の策定、試験実施報告書の連邦政府への提出に従事する。事業者側の試験参加者は、タイヤについては「流通関係者」と記載されている一方、衣類・軽工業品は「メーカー、輸入者、卸・小売事業者」としている。両試験ともに事業者の参加は任意としている。

マーキング識別手段の貼付義務化は、2019年3月にたばこ製品(HS 2402)に対して導入されており、7月に靴製品(HS 6401~6405)に対して、12月には上記の製品のほか、香水・オーデコロン(HS 4011)、カメラ(映画用カメラを除く)、フラッシュライト、フラッシュランプ(HS 9006)にも拡大される。

(齋藤寛)

(ロシア)

ビジネス短信 fd4c1e4f79dd05b9

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp