1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. メルコスール・EFTA、第9回FTA交渉を実施、ほぼ合意に達する

メルコスール・EFTA、第9回FTA交渉を実施、ほぼ合意に達する

(メルコスール、EFTA)

ブエノスアイレス発

2019年06月26日

メルコスール加盟国(アルゼンチン、ブラジル、パラグアイ、ウルグアイ)と、欧州自由貿易連合(EFTA)加盟国(アイスランド、スイス、ノルウェー、リヒテンシュタイン)との自由貿易協定(FTA)締結に関する第9回交渉が6月11~14日、スイス・ジュネーブで行われた。

今回、まだ合意に至っていない全ての項目について交渉を行った。前回交渉までで既に半分以上の項目で合意に達している(2019年5月27日記事参照)。アルゼンチン外務・宗務省の発表によると、各項目における双方の利益の全体的なバランスが詳細に検討され、市場アクセス、サービス貿易、投資、政府調達分野における妥結に向けて交渉が進められた。政府調達に関しては専門家レベルの交渉が終了、電気通信サービスに関する付属書については合意に至ったという。なお、EFTAのプレスリリースによると、原産地規則や知的財産、貿易と持続可能な開発、貿易の技術的障壁(TBT)、衛生植物検疫措置(SPS)などについても交渉が行われた。メルコスールとEFTAの双方が協定の早期締結を目指している。

アルゼンチン外務・宗務省によると、アルゼンチンおよびメルコスール全体で、近年、EFTAとの貿易収支は黒字を維持している。また、アルゼンチンとEFTAとの貿易は工業製品が中心だという。メルコスール加盟国はFTAを締結することで、EFTAとの貿易や投資がさらに増加、多様化することを期待している。

(高橋栞里)

(メルコスール、EFTA)

ビジネス短信 6e1296b1c7266d3d

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp