1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. アナダルコのガス田開発が最終投資決定、日系企業も参画

アナダルコのガス田開発が最終投資決定、日系企業も参画

(モザンビーク)

ロンドン発

2019年06月21日

米国石油開発企業アナダルコと同社を筆頭とするコンソーシアムは6月18日、モザンビーク北部のカーボ・デルカド州沖合にあるエリア1ガス田開発に関する最終投資決定(FID)を発表した。同発表は、同国の首都マプトで開催された「米国・アフリカ・ビジネスサミット2019」の式典で行われた。同式典には、フィリペ・ニュシ大統領、マックス・トネラ鉱物資源エネルギー相、アル・ウォーカー・アナダルコ会長兼最高経営責任者(CEO)らが出席した。

FID予定日が発表(2019年5月21日記事参照)された5月8日の後、6月4日の閣議で資金調達計画が承認され、今回の発表に至った。エリア1ガス田プロジェクトは総額約250億ドルの投資が見込まれる。アナダルコは今後、関係各社への着工通知、資金調達の完了に向けて動き出す。

エリア1開発のコンソーシアムには、三井物産が参画する。また、日本の東京ガス、東北電力、JERA(東京電力グループと中部電力の共同設立会社)のほか、各国の発電事業者との液化天然ガス(LNG)売買契約がアナダルコとの間で締結されている(表参照)。

表 エリア1LNGに関するこれまでの売買契約

LNGの生産は2024年内に開始される予定で、年間約1,200万トンの生産が見込まれる。沖合にある鉱区から約40キロ離れたパルマ地区の陸上プラントで液化され、各国へ輸出される計画だ。同プラントと付帯設備の設計・調達・建設工事(EPC)は千代田化工建設が米国のマクダーモット、イタリアのサイペムと共同で受注した(6月6日発表)。

報道によると、今回発表されたエリア1、2017年6月にFIDが発表されたエリア4のコーラル・サウス鉱区〔イタリア炭化水素公社(ENI)ほか〕、2019年末までのFID発表が待たれるマンバ鉱区(エクソン・モービルほか)の3つの鉱区から、25年間で950億ドルの収益が得られると、モザンビーク政府は予測している(ブルームバーグ)。

(松永篤)

(モザンビーク)

ビジネス短信 66fb5c4b26940aaf

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp