1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 全農香港、海外で初のECサイトを開設

全農香港、海外で初のECサイトを開設

(香港)

香港発

2019年06月28日

全国農業協同組合連合会(JA全農)傘下のJA全農インターナショナルの香港子会社である「全農インターナショナル香港(以下、全農香港)」は6月、日本の農産物を販売するECサイト外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます(繁体中国語)の運営を開始した。

写真 日本の農産物を販売するECサイト(全農香港提供)

日本の農産物を販売するECサイト(全農香港提供)

「安心、安全、新鮮な農産物を消費者にお届けします」「日本の農産品を香港の日常に」などのスローガンの下、同EC(電子商取引)サイトでは、長野県産のシャインマスカット〔1房200香港ドル(約2,800円、1香港ドル=約14円)〕、北海道産の夕張メロン(1個250香港ドル)、大阪府産のモモ(15個620香港ドル)などを販売している(いずれも6月24日時点)。当面は、果物の販売に注力する。

全農香港の金築道弘マネージング・ディレクターはジェトロの取材に対して、「日本の農水産物をECサイトを通じて香港の消費者に直接販売し、消費者の声をダイレクトに受け止めた上で、日本の地方産品の輸出拡大を図っていきたい」「日本の地方には、香港の方がまだ経験したことのない商品がたくさんあるので、ぜひ試してみてもらいたい」と、同サイトのコンセプトなどを明らかにした。加えて、金築氏は「日本全国のJA産品を中心に、いろいろなアイテムをそろえていきたい」「香港の消費者は非常に好奇心が旺盛なので、いろいろとチャレンジしがいがある」と、今後の香港市場のさらなる市場開拓に高い意欲を示した。

JA全農インターナショナルは2018年4月、日本の農産物の輸出重点国・地域での販売強化のため、日本の農林水産物・食品の最大の輸出先である香港(注)に拠点を設置した。全農香港はこれまで、香港の民間テレビ局の無線電視(TVB)が運営するECサイト「Big Big Shop」や地元日系スーパーの一田(YATA)百貨店を通じて果物などを販売した実績がある。全農香港のECサイトを通じて、日本の農産品を香港人の食生活・食文化により一層浸透させる狙いがある。

(注)日本の農林水産省によると、2018年の農林水産物・食品の輸出総額(9,068億円)のうち約4分の1(2,115億円)を香港向けが占め、2005年以来14年連続で最大の輸出先となっている。

(カン・カレン)

(香港)

ビジネス短信 5bf3c8aa2f87a23f

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp