1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 経済特区庁長官の交代を発表

経済特区庁長官の交代を発表

(フィリピン)

マニラ発

2019年05月22日

フィリピン貿易産業省(DTI)は5月21日、経済特区庁(PEZA)の長官が数週間以内に交代すると発表した。ラモン・ロペス貿易産業相は「新しいPEZA長官は現職のプラザ長官と同様に、素晴らしい成果を上げるだろう」とした上で、「経済特区内外を問わず、PEZAがさらなる投資を呼び込み、雇用や輸出収益を創出することを期待する」とコメントした。新長官はドゥテルテ大統領により任命される。

PEZA登録企業による2018年の直接雇用者数は約126万人にのぼり、PEZA登録企業のうち輸出志向型企業3,756社の年間輸出額は約440億ドルに達している。これはフィリピンの年間総輸出額の約7割に当たる。2018年のPEZA認可の対内直接投資額は前年比12.7%減の683億ペソ(約1,434億3,000万円、1ペソ=約2.1円)で、国内に存在する7つの投資誘致機関が認可した金額の合計額に占める割合は38.2%で2位となり、約10年ぶりに投資機関別の首位を明け渡した(2019年3月18日記事参照)。

PEZAのエルマー・サンパスカル・マネジャーは、PEZAにおけるビジネスをよりスムーズなものとするために、建設許可などの各種手続きの迅速化に取り組んでおり、「目標は許可申請から3日以内に承認をすること」と話す。

(坂田和仁)

(フィリピン)

ビジネス短信 eb6e436d48a122c9

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp