1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. ヘルスケアデータの2次利用新法のワークショップを開催

ヘルスケアデータの2次利用新法のワークショップを開催

(フィンランド)

企画部

2019年05月31日

ジェトロと在日フィンランド大使館は5月13日、5月1日に同国で施行された健康・社会福祉データの2次利用に関する法律外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますについてのワークショップを東京で開催した。企業関係者約20人が参加し、活発な意見交換を行った。

企業の研究開発・イノベーション目的でのデータの2次利用が容易に

フィンランドでは10年以上前から電子カルテの導入が進んでおり、ヘルスケアに関する1次データの蓄積が進んでいる。同法により、学術研究・統計目的に加え、企業の研究開発・イノベーション活動に匿名化したヘルスケアデータを利用することが容易になる。国立保健福祉研究所(THL)の下に新設されるデータ利用認可機関が、一元的にデータの活用の認可を行うことになっており、2020年1月から運用開始の予定。これにより、従来は数年かかっていた許認可およびデータの取得が、数カ月で済むことになる。

講師を務めたフィンランド国立研究開発基金(SITRA)のシニアアドバイザーのハンヌ・ハマライネン氏は「この種の法制を制定するのはフィンランドが世界で初めて。同法により、機微なデータとの取り扱いの安全性が確保されるとともに、社会・ヘルスケアデータの2次利用が従来より広い範囲で可能になる」としている。

ワークショップでは、SITRAのイルキ・スオカス氏から、同機関が「公正なデータ経済」の構築を目指して進めているプロジェクト「IHAN(人間中心のデータ経済)」の説明もあった。IHANは、「公正なデータ経済」のためにデータ流通の方法や倫理的なデータの利用に関する、欧州ワイドなルールとガイドラインづくりを目指している。また、SITRAは2019年4月に、「公正なデータ経済に向けたロードマップ」PDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)と題した政策提言をシンクタンクのリスボン・カウンシルと共同で発表している。公正なデータ経済の構築は、7月1日から始まるフィンランドのEU議長国期間中の重要なテーマともなっている。

ワークショップの資料を希望する方は、こちらのメールアドレス外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますまで連絡のこと。

(牧野直史)

(フィンランド)

ビジネス短信 c82aec8c5ec79d48

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp