1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 米国、一般特恵関税制度(GSP)からトルコを除外

米国、一般特恵関税制度(GSP)からトルコを除外

(トルコ、米国)

イスタンブール発

2019年05月20日

米国は5月16日、トルコを一般特恵関税制度(GSP)対象国から除外すると発表した。本措置は5月17日に発効した。

対米輸出への打撃は必至か

米国通商代表部(USTR)は2018年8月3日、トルコのGSPの資格を見直すことを明らかにし、2019年3月4日にトルコの経済発展が十分な水準に達していると判断し、60日後に対象国から除外すると発表外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますしていた。USTRによると、GSPによって低減措置を受けていた主な品目は自動車、同部品、宝石、貴金属、農産品で、2017年の米国への輸出額の17.7%(16億6,000万ドル)を占めていた(2018年8月7日記事参照)。なお、米国は1974年にGSP制度を導入し、トルコは翌年に対象国となっていた。

トルコの米国向け輸出額は、2018年に国別で5位で、前年比4.0%減だった(表参照)。表にある上位15品目のうち、ほとんどが細分項目でGSPの対象品目に属しており、その影響は楽観視できない。ルフサル・ペキジャン貿易相は5月17日にツイッターで、「トルコがGSP対象国から除外されたことは、両国が合意した750億ドルの貿易目標に矛盾している。このような措置はトルコ企業だけではなく、米国企業にも悪影響を与える。トルコは問題解決に努め、米国との貿易規模を拡大するために努力し続ける」とコメントしている。

表 トルコの対米輸出額上位15品目

(エライ・バシュ、中島敏博)

(トルコ、米国)

ビジネス短信 7db9aace3da2f090

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp