1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. ペルー、エクアドル、コロンビアが英国との貿易継続協定を締結

ペルー、エクアドル、コロンビアが英国との貿易継続協定を締結

(ペルー、英国、EU、エクアドル、コロンビア)

リマ発

2019年05月20日

ペルーのエドガー・バスケス通商観光相は5月15日、エクアドルにおいてキャサリン・ウォード駐エクアドル英国大使と会談し、2013年3月1日にEUとペルー、エクアドル、コロンビア(アンデス共同体の3カ国)間で発効した自由貿易協定(FTA、注)の各種条件を、英国のEU離脱(ブレグジット)後も維持することを定めた協定を締結したと発表外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますした。

今回の協定は、エクアドルのパブロ・カンパーナ貿易相、コロンビアのラウラ・バルディビエソ商工・観光副大臣との間でも同様に締結されており、いずれの国もEUとの協定を維持する方向にあるが、エクアドルのみ微調整を加えたとされている。今回の協定は2017年9月から英国と3カ国で協議が進められてきた。バスケス通商観光相は、本協定の締結により、ペルーの対英国輸出額7億ドル(2018年)が維持され、かつ今後拡大していくことが期待されると述べた。英国はペルーにとって、EUにおける6番目の貿易相手国だ。

2018年のペルーの対英国輸出額は過去14年で2番目に多く、全体の約60%が農産物を中心とした非伝統産品が占めた(4億700万ドル)(表参照)。特に果物類は、英国の第2の輸入元国となっており、品目別ではアボカド(1位)、マンゴー(3位)、ブルーベリー(3位)、ブドウ(4位)の主要供給国となっている。

表 ペルーと英国の貿易統計(2013~2018年)

(注)ペルー・EU FTAの条文外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますを参照。

(設楽隆裕)

(ペルー、英国、EU、エクアドル、コロンビア)

ビジネス短信 1e559ea1e790b9ab

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp