1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. IoT特化のインキュベーション施設コネクトリーで見学会

IoT特化のインキュベーション施設コネクトリーで見学会

(米国)

シカゴ発

2019年04月17日

シカゴのコネクトリー(The Chicago Connectory)で4月8日に無料の見学会が開催された。コネクトリーは2017年開設のIoT(モノのインターネット)に特化したインキュベーション施設で、自動車部品や家庭用調理器具などを製造するボッシュ(Bosch)と、シカゴ最大級といわれるデジタルスタートアップを支援するインキュベーション施設1871(注)の協力の下で運営されている。

写真 開放的な雰囲気のコネクトリー(ジェトロ撮影)

開放的な雰囲気のコネクトリー(ジェトロ撮影)

月額350ドルの会員になれば、施設内の共用オフィススペースが24時間利用できるほか、ワークショップへの参加や、1871も同施設の会員と同じように利用することができる。

写真 広々とした共用オフィススペース(ジェトロ撮影)

広々とした共用オフィススペース(ジェトロ撮影)

コネクトリーの特徴の1つが、試作をするための工房スペースだ。IoTの特性上、試作品を作って実際の動きを確かめる必要があり、そういったニーズに対応するため、3Dプリンターなどの器具と専門スタッフを備えた試作スペースを用意している。

写真 さまざまな器具が備え付けられた試作スペース(ジェトロ撮影)

さまざまな器具が備え付けられた試作スペース(ジェトロ撮影)

また、コネクトリーは1871と強い関係を持っており、コネクトリーの入居企業を1871の入居企業に紹介することもあれば、1871の入居企業が必要に応じてコネクトリーを利用することもあるなど、相互のやり取りが盛んだという。1871は約500社のスタートアップ企業が入居し、アクセラレーター、インキュベーター、ベンチャーキャピタルが拠点を置き、米国中西部を代表する大学であるノースウェスタン大学、イリノイ大学、シカゴ大学などがサテライトオフィスを置いている。こうした1871のネットワークが利用できるのも、コネクトリーの大きな魅力だ。

IoTの普及には、4Gに続く第5世代移動体通信規格(5G)の普及が必須と言われている。シカゴは4月にミネアポリスとともに世界で初めて5Gモバイルサービスの商用利用が開始された都市でもある。こういった点からも、シカゴはIoT関連スタートアップ企業が拠点を置くのに最適な都市の1つといえるだろう。

シカゴのスタートアップ事情:「米国中西部スタートアップ」インタビューについては、以下のシリーズ記事参照。

  1. シカゴ発のナノグラフ・コーポレーションが日本へ展開(1月17日地域・分析レポート)
  2. ものづくりに特化したアクセラレータに見るシカゴのイノベーション事例(エムハブ)(2月4日地域・分析レポート)
  3. シカゴ発世界最大級の楽器専門ECサイトを運営するリバーブ(2月4日地域・分析レポート)

(注)2012年設立のシカゴを拠点とするテック系スタートアップインキュベーター。月額350ドルから、共用スペースや支援プログラムを利用できる。

(飯田桃子)

(米国)

ビジネス短信 9f985b81fabc1980

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp