1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 高知の与力水産、冷蔵水産品を初輸出

高知の与力水産、冷蔵水産品を初輸出

(ベトナム)

ホーチミン発

2019年04月26日

海産物の加工・販売事業などを行う与力水産(本社:高知県宿毛市)は4月19日、ベトナム向けの冷蔵による鮮魚の空輸を行った。同社にはこれまで冷凍品の輸出実績はあったが、冷蔵品は初の取り組みだ。今回輸出した魚種はマグロ、カサゴ、サワラ、キンメダイなど20種計約180キログラムだ(同社のベトナム向け水産品輸出の取り組みについては2019年2月13日記事参照)。

サンプル検査の見直しによる輸出拡大へ

ベトナムでは水産物の輸入時、サンプル検査が実施される。鮮度が命の冷蔵品は、サンプル検査にかかる時間次第では、その後の商品価値が大きく変わる。

水産物に関する通達36/2018/TT-BNNPTNT(2月10日施行)で、サンプル検査の頻度が一部見直されることとなった。商品はハイリスク、ローリスク、加工済み商品の3グループに分けられ、ハイリスクグループに分類される生鮮、冷蔵、冷凍品は、従来まではベトナムへの輸出のたびに、サンプルの提出が求められた。今回の見直しにより、3ロット連続して基準を満たした場合、その後は5ロットに1回のランダム検査に変更される。ランダム検査で基準に満たなかった場合は、再度3ロット連続して基準を満たす必要がある。

今回輸出された鮮魚は、日本食店を中心に約10顧客に販売された。今後は現地の飲食店やホテルにも販路を拡張していく予定。吉村典彦代表取締役は「鮮度にこだわりを持っている。サンプル検査の基準をクリアした後は、週に2回を目標に鮮魚の輸出をしていきたい」と意気込みを語った。

写真 ベトナムで販売された鮮魚(ジェトロ撮影)

ベトナムで販売された鮮魚(ジェトロ撮影)

(眞嶋翔大)

(ベトナム)

ビジネス短信 6523912e204fd8c5

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp