1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 公的機関主導のアクセラレーションが始動

公的機関主導のアクセラレーションが始動

(ブラジル)

サンパウロ発

2019年04月19日

ブラジル経済省のプレスリリース(4月16日付)によると、同省とブラジル零細・小企業支援サービス(SEBRAE)によるアクセラレーションプログラム「イノバチバ・ブラジル(InovAtiva Brasil)」(注)の支援対象として、国内5つの地域からスタートアップ105社外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますが選定された。

このプログラムは4月22日から、オンラインを通じた個別および集合型のメンタープログラム、キャパシティービルディング、メンターや専門家との議論の機会を提供し、支援対象企業は7月22日にサンパウロで開催される「Demoday InovAtiva」で投資家に向けたピッチイベントを目指す。プログラム参加企業はGoogle、Amazon Web Services、Salseforceなどの特典を得るほか、プログラム終了後にもこれらの企業から戦略的パートナーとしてサポートを受けられる権利が与えられるという。

選定された企業の構成は、創業3年以上が52%、月間売り上げが3万レアル(約86万円、1レアル=約28.5円)以下が58%、BtoBを主体とする企業が67%、SaaSを利用して活動する企業が51%、既に大企業と取引のある企業は59%となっている。分野別に見ると、最も多かったのはサービス13社(12.4%)、次いで教育11社(10.5%)、医療・健康10社(9.5%)で、社会課題に関連した分野が目立った。

イノバチバ・ブラジルは2013年から実施されており、さまざまな政府関係機関やアクセラレーターを巻き込み、官民による国内のエコシステム強化に取り組むことで、ブラジルの多様な地域・分野での革新的なビジネスを促進する狙いがある。これまでに2,000社以上がプログラムへ参加、うち840社が投資家に自社を売り込める段階に至った。今回はプログラムの中でも多くのビジネスが生まれるよう、スタートアップと大企業のネットワーキングを増やすという。

(注)2015年から、サンタカタリーナ州政府によって設立されたイノベーションテクノロジーセンター(CERTI)が運営を担っている。

(古木勇生)

(ブラジル)

ビジネス短信 5c15f970df089ee7

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp