1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 日本産和牛のブラジル展開に手応え

日本産和牛のブラジル展開に手応え

(ブラジル)

サンパウロ発

2019年04月30日

商用日本産和牛のブラジル輸入が継続的な取引につながっている。3月に販売を目的とした商用日本産和牛が初めてブラジルに輸入され(2019年3月22日記事参照)、4月18日には、食肉輸入卸・販売事業者プライム・カーター(Prime Cater)の冷凍倉庫に2度目の輸入日本産和牛が納品された。

同社が輸入する日本産和牛は、当地のステーキ店やレストランが取り扱うことが明らかになっている。

高価格でも需要を見込む高級レストラン

サンパウロ市内の有名ステーキ店フバイヤ(Rubaiyat外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)は、300グラム当たり580レアル(約1万6,240円、1レアル=約28円)で提供し、ステーキを客前で焼きながら食べてもらう。2018年末に米国マイアミからサンパウロに進出してきた和食店マコト(MAKOTO外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)では、100グラム当たり290レアルで石焼ステーキをワサビ、ポン酢、塩と一緒に提供する。

イタリア料理店ブラーセ(Brace外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)のシェフ、リジア・カラザワ氏は「日本産和牛を扱っているだけで店のPRになる。『1日限定〇食』といったかたちで、採算度外視で扱っていきたい」と語った。

プライム・カーターは1キログラム当たり750レアルで直販し、日本産和牛販売のためにデザインした専用箱に入れて納品している。

写真 和牛販売専用にデザインした箱(プライム・カーター提供)

和牛販売専用にデザインした箱(プライム・カーター提供)

写真 日本産和牛にシリアル番号の帯が付されている(プライム・カーター提供)

日本産和牛にシリアル番号の帯が付されている(プライム・カーター提供)

(山本祐也)

(ブラジル)

ビジネス短信 2fec471c19cb14a3

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp