1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 2019年のハノーバーメッセは「産業知能」に焦点

2019年のハノーバーメッセは「産業知能」に焦点

(ドイツ)

ベルリン発

2019年03月22日

2019年のハノーバーメッセ(4月1~5日開催)の見どころが3月13日、ドイツの首都ベルリンで公表された。

ドイツのデジタル化を推進するための「産業知能(インダストリアル・インテリジェンス)」が今回のキーワード。ドイツ連邦政府は、2018年11月に30億ユーロの支援を含む「人工知能戦略」を採択しており、その後、最初のハノーバーメッセとなる。

主催者であるドイツメッセのヨッヘン・ケックラー最高経営責任者(CEO)は「機械学習(マシンラーニング、注)と人工知能(AI)で、ドイツは中国と米国よりも遅れていると指摘する声もある。一般消費者用途の市場ではそうかもしれない」とする一方、「産業分野でも競争が始まっており、ドイツと欧州にとって、産業用途での機械学習こそが大きな商機となる。そして今、AI分野での競争の第2幕が、今年のハノーバーメッセにおいて開かれる」と述べた。

ハノーバーメッセはニーダーザクセン州の州都ハノーバーで開催され、インダストリー4.0から対象分野を広げ、AIと機械学習を重点分野とする。産業と工場のデジタル化のための関連企業が集まる「世界最大規模の出会いの場」を提供する。2019年のパートナー国はスウェーデンが務め、先進的なイノベーションを発信する。また、ジェトロも支援する日独経済フォーラムが期間中の4月3日、AIの産業での活用をテーマに開催される。同フォーラムとしては初めてスタートアップを取り上げ、日独双方のスタートアップ企業がプレゼンテーションを行う予定。

写真 「産業知能」をテーマとするプレゼンテーションの模様(ジェトロ撮影)

「産業知能」をテーマとするプレゼンテーションの模様(ジェトロ撮影)

(注)機械学習(マシンラーニング)とは、集積されるデータのパターンや特徴を認識して、機械自らが自動的に学習し、その結果、不良を減らし動きの無駄をなくすなど、作業効率を向上させるプロセスとその結果を指す。

(増田仁)

(ドイツ)

ビジネス短信 d264017d5b5c94fd

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp