1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. エンジンオイルなどのSNI取得が2019年9月から義務化

エンジンオイルなどのSNI取得が2019年9月から義務化

(インドネシア)

ジャカルタ発

2019年02月13日

二輪・四輪用のエンジンオイルやトランスミッションオイルについて、「工業大臣令2018年25号」(インドネシア語)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますにより、インドネシア国家規格(SNI)の取得が2019年9月から義務化される。対象となる潤滑剤の種類、SNI番号、HSコードは表のとおり。

表 対象となる潤滑剤の種類、SNI番号、HSコード

本大臣令は、2018年9月10日に公布されており、12カ月後の2019年9月10日に施行される。同日以降はSNIを取得していない製品の国内流通・輸入が禁止されるため、上記に該当する潤滑剤については、取得手続きを進める必要がある。工業省下流化学産業局(Direktorat Industri Kimia Hilir)の担当者によると、近年、低品質の潤滑剤の流通が問題となっており、生産者・消費者保護の観点でSNIを義務化したとのことだ。

SNIを取得するには、国家認定委員会(KAN)によって適格性が認定された製品認証機関(LSPro)に、SNIマーク使用製品証明(SPPT-SNI)の発行を申請する必要がある。その後、生産工程の監査と、サンプル採取およびSNIで決められた品質に適合しているかの検査が行われる。外国産品の場合は、インドネシアから監査チームが派遣され、申請者側が渡航費や滞在費などを負担する。SPPT-SNIの有効期間は4年だが、少なくとも年に1度の頻度で工場の監査が行われる。

SNIの認証が可能な製品認証機関(LSPro)を以下に例示する。

(吉田雄、アリフ・プルノモシディ)

(インドネシア)

ビジネス短信 f4879b1b10fb0baf

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp