1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 1~9月期に1,200社超のスタートアップが誕生

1~9月期に1,200社超のスタートアップが誕生

(インド)

ベンガルール発

2018年12月10日

全国ソフトウエア・サービス企業協会(NASSCOM)は年次報告書「インドのスタートアップエコシステム2018」PDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)を発表し、2018年1~9月で1,200社を超えるスタートアップ企業が新たに加わったことを明らかにした。インドでは2013~2018年の6年間で7,200~7,700社のスタートアップ企業が生まれている。今回で第5版となる報告書は、NASSCOMがスタートアップビジネスに詳しい地場コンサルタント会社ジノブ・マネジメント・コンサルティング(ZINNOV)と共同でまとめたものだ。

報告書によると、今年はこれまでに過去最多となる8社のユニコーン企業が生まれ、計18社になった。これは米国の126社、中国の77社に次ぐ3番目の規模だ。特にベンガルールは、IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)分野を中心に、スタートアップ数がシリコンバレー、ロンドンに次いで世界で3番目に多い都市となっている。

スタートアップへの投資額は倍増

1~9月のスタートアップの資金調達額は43億ドルで前年から倍増した。特にデータ分析、IoT、AI、ブロックチェーン、AR/VRなど、高度な技術を有するスタートアップが50%の増加、中でもAI関連のスタートアップ数は120%増加し、1億5,000万ドルの投資を受けた。業種別ではソフトウエア、フィンテック、eコマースなどのマーケットプレイス、ヘルステックが中心分野で、スタートアップ数全体の50%を占める。

ジェトロは日印の双方向ビジネスマッチングに注力

ジェトロ・ベンガルール事務所では、ZINNOVとの提携により、スタートアップを中心とする日印企業の両国への展開や、ビジネス連携を促進するためにマッチングの支援(グローバル・アクセラレーション・ハブ事業)を実施している。現在、日本側は商社や金融機関を中心に、インドのスタートアップへの関心を示している。インド側は、ヘルスケアや自動車分野における新技術系スタートアップが新たな市場としての日本に関心を寄せている。

(瀧幸乃)

(インド)

ビジネス短信 36743e39298b564d

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp