1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. グジャラート州、コーラジ工業団地への投資を呼び掛け

グジャラート州、コーラジ工業団地への投資を呼び掛け

(インド)

アーメダバード、ムンバイ発

2018年11月06日

グジャラート(GJ)州産業開発公社(GIDC)のD.タラ副総裁兼社長は10月23日と24日、大阪と名古屋で開催された「インド・グジャラート州投資環境セミナー」で講演し、日系企業向けに新たに開発しているサナンドIII(コーラジ)工業団地の分譲開始を発表した。タラ氏は「コーラジ工業団地は州内のスズキやホンダ二輪工場へのアクセスも良く、港にも近い。価格は1平方メートル当たり3,800ルピー(約5,700円、1ルピー=約1.5円)と他州に比べ安価だ」と強調、「日本人向けのサービスアパートメントも誘致予定。多くの業種の投資を歓迎する」として、「2019年1月18~20日開催予定の外国投資誘致イベント『バイブラント・グジャラート2019』(2018年8月21日記事参照)にもぜひ多くの企業からの参加をお願いしたい」と呼び掛けた。

登壇したスズキ・モーター・グジャラート(SMG)の渥美元浩取締役兼管理本部長は「2018年度中に年間25万台のGJ州での生産能力を50万台に拡張し、2020年までに75万台を生産し、インド全体では225万台を目指す」と語った。また北村寛之ジェトロ・アーメダバード事務所長は「GIDCがジャパンデスクを設け日系企業のサポートに積極的だ」と評価し、自動車関連企業を中心とした日系企業の進出がアーメダバード近郊のマンダルやサナンド地域に集中している現状や、約350人の日本人が駐在する同州の生活環境など紹介した。セミナー参加者からは「GJ州の投資環境が理解できた」「電気代・工業団地の土地代が安価で進出先候補として検討したい」などの声があった。

タラ副総裁らGJ州政府一行は、東京、大阪、名古屋などで同州への投資を検討する日系企業21社との個別面談も実施した。

写真 GJ州への投資を呼び掛けるタラGIDC副総裁兼社長(ジェトロ撮影)

GJ州への投資を呼び掛けるタラGIDC副総裁兼社長(ジェトロ撮影)

写真 GJ州での事業展開について説明する渥美SMG取締役兼管理本部長(ジェトロ撮影)

GJ州での事業展開について説明する渥美SMG取締役兼管理本部長(ジェトロ撮影)

(丸崎健仁、比佐建二郎)

(インド)

ビジネス短信 8cdc7cc944a8378a

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp