1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 2020年までの5カ年計画を改定、GDP成長率など下方修正

2020年までの5カ年計画を改定、GDP成長率など下方修正

(マレーシア)

クアラルンプール発

2018年10月25日

マハティール首相は10月18日、現行の国家5カ年計画「第11次マレーシア計画」(2016~2020年)の中間評価および同計画の改定版PDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)を発表した。既に終了した2016~2017年については「不安定な世界情勢の中にあっても、マクロ経済は好調だった」と評した。過去2年間の平均実質GDP成長率は5.1%と、当初計画の目標値である5.0~6.0%の範囲内に収まった。改定版の5カ年計画では、財政安定化と包括的成長を目指し、新たな6つの柱を軸に、19の優先分野と66の戦略を策定した。

政府のガバナンス改革に力点

改定版では、(1)公共サービスの透明性と効率性向上に向けたガバナンス改革、(2)包括的発展と福祉の強化、(3)公平な地域発展の追求、(4)人的資本の能力開発、(5)環境配慮型の成長を通じた環境持続性の強化、(6)経済成長の増進、の6つの柱を軸とする。

マハティール首相は、汚職や横領、職権乱用のない政権運営による「良好なガバナンスの下、強固な制度を構築し、信頼性を強化する」点を強調した。また、国民の生活向上を保証するとともに、州間の格差を是正するための公平な地域発展、低所得者層(B40)の購買力底上げなどにも注力する。

2020年の高所得国入り目標は先送り

5年間で投じる開発予算は、財政安定化を優先し、当初計画の総額2,600億リンギ(約7兆200億円、1リンギ=約27円)から2,200億リンギに縮小した。

同様に、経済指標の目標値についても、当初からの下方修正を行った。2018年から2020年までの平均実質GDP成長率は4.5~5.5%とした。1人当たり国民総所得(GNI)は、2020年までに1万5,000ドル超を目指していたが、1万1,700ドルに下方修正した。その上で、世界銀行による高所得国の基準(1万2,235ドル超)は、2024年に達成する見込みとした。

表 需要項目別実質GDP成長率

オンライン取引への課税を検討

インフレ率については、原油価格の緩やかな上昇が予測されるものの、年平均2.0~3.0%とした。政府債務のGDP比率は、前政権の報告では2017年時点で50.8%だったが、実際は80.3%だったことを受け、新たな債務管理システムを導入し、債務残高を定期的に公開する方針を定めた。2020年の財政収支目標は、均衡からGDP比3.0%の財政赤字に修正した。税収面では、eコマースやシェアリングエコノミーなどデジタル市場の高成長を背景に、オンライン取引に対する課税を検討する。

(田中麻理)

(マレーシア)

ビジネス短信 39f8274a39bbaf0a

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査計画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp