1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 投資促進機関が名を改め大統領府直轄に

投資促進機関が名を改め大統領府直轄に

(トルコ)

イスタンブール発

2018年08月01日

首相府直轄のトルコ投資促進機関(ISPAT)が、政令703号126条(7月9日付)および大統領令1号527条(7月10日付)により、大統領府直轄のインベストメントオフィス(英語:Investment Office、トルコ語:Yatırım Ofisi)となった。同政令によると、ISPATの所有する情報資料、財産などは移管され、従業員も再雇用される。インベストメントオフィスの総裁は大統領が近く任命する。

同大統領令では、インベストメントオフィスの役割を以下のように規定している。

  • トルコの経済発展に必要な外国からの投資誘致活動を行う。
  • 政府機関、国営企業、民間企業が実施する国際的な投資促進活動の調整を行う。
  • 外国投資家がトルコへの投資に関して抱える問題を見いだし、解決のために関係政府機関と協力する。
  • 投資促進に必要な情報を関係政府機関と協力し投資家に提供し、情報を公開・更新し、また情報提供のために国際的な機関と協力する。
  • 投資環境の改善に向けた改革に貢献する。

なお、ISPATのアフメット・ブラク・ダールオール副総裁によると、組織が大統領府の直轄になるのみで、事務所の場所、海外拠点、活動などはそのまま引き継がれ、実質的な変化はないとのことだ。

(エライ・バシュ)

(トルコ)

ビジネス短信 8c28e2cbd73c082e

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp