1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 第1四半期の外国直接投資額はここ8年間で最低に

第1四半期の外国直接投資額はここ8年間で最低に

(フィリピン)

マニラ発

2018年06月14日


フィリピン統計庁(PSA)は6月7日、2018年第1四半期の外国直接投資(FDI)認可額が前年同期比38.0%減の142億ペソ(約298億円、1ペソ=約2.1円)となったと発表した。四半期ベースでは、138億ペソだった2010年第2四半期以降、約8年間で最も低かった。

PSAの発表を受け、フィリピン経済特区庁(PEZA)のプラザ長官は地元紙「ビジネスワールド」に対して、外国企業に対する各種優遇制度を見直す税制改革第2弾が国会で審議されている点を挙げ(2018年3月29日記事参照)、「税制改革が新規投資を見送らせる要因となっている」と述べた。

日本は前年同期の12倍に

第1四半期のFDI認可額を国・地域別にみると、1位日本が78億6,090万ペソ(シェア55.3%)、2位英国が15億4,330万ペソ(10.9%)、3位オランダが8億7,850万ペソ(6.2%)、4位シンガポールが5億7,170万ペソ(4.0%)などとなった(表参照)。主要な欧米諸国が投資額を減らす一方で、日本からの投資額は前年同期の約12倍となった。

業種別にみると、1位が製造業で91億50万ペソ(64.1%)、2位が管理・ビジネス支援サービス業で18億530万ペソ(12.7%)、3位が不動産業で17億9,590万ペソ(12.6%)、4位が情報通信技術(ICT)産業で3億9,500万ペソ(2.8%)などだった。

表 フィリピンの外国直接投資認可額

(坂田和仁)

(フィリピン)

ビジネス短信 dcd147d24c7979e0

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査計画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp