1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 厳しい外貨規制でビジネス環境が悪化

厳しい外貨規制でビジネス環境が悪化

(スーダン)

カイロ発

2018年05月17日

2017年10月に米国の経済制裁が解除され、ビジネスの可能性に注目が集まるスーダン。しかし、2018年に入って公定レートの引き下げが顕著になっている。

5月15日現在、中央銀行のレートが1ドル=18スーダン・ポンド(約108円、1スーダン・ポンド=約6円)、並行レートは約37スーダン・ポンドとなり、大きな乖離が生じている。このため、スーダン政府は国内での通貨流出制限を行いながら為替レートの下落を防ぐ対策を講じている。

2月にスーダン中央銀行は外貨取引において、事前許可制を導入した。これにより銀行での手続きは非常に複雑になり、国内で生産・販売を行っている企業によると、材料調達ができないなどビジネス環境の悪化を懸念している。また3月にはスーダン出国時、以前はなかった通貨持ち出しについての確認が始まった。

スーダン中央銀行は各銀行に供給するスーダン・ポンドを制限しており、引き出し制限の上限は各銀行の裁量で決定している。このため、引き出し制限の上限も毎週変動している。物価上昇も大きく懸念されており、IMFの2018年の見通しでは、インフレ率43%とここ20年で最も高い数字が見込まれている。

(常味高志)

(スーダン)

ビジネス短信 c58a26bbf86228f6

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査計画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp