1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 2017年の乗用車新規登録台数は13.4%増

2017年の乗用車新規登録台数は13.4%増

(ルーマニア)

ブカレスト発

2018年03月30日

自動車製造業者・輸入業者協会(APIA)によると、2017年の新車乗用車の国内販売台数を前年比13.4%増の13万414台だった。中古車については、中古車購入に際して課される「環境スタンプ税」が廃止されたことで、登録台数は前年比74.6%増の51万8,9277台と激増した。

国産ブランドのダチアがシェア1位を維持

2017年の新車乗用車登録台数は前年比13.4%増の13万414台となり、4年連続で増加した。シェアをブランド別にみると、ルノー傘下の国産車ダチアが30.4%(登録台数:11.7%増、3万9,596台)で、2位以下を大きく上回った(表1参照)。次いで、フォルクスワーゲン(VW)が10.7%(16.6%増、1万3,969台)、VW傘下のシュコダが8.9%(同13.3%増、1万1,631台)と続き、ルーマニア市場における主要17ブランドのうち、14ブランドで登録台数が前年を上回った。生産国別では、ルーマニア(28.1%)、ドイツ(22.4%)、チェコ(10.7%)、スペイン(8.0%)、トルコ(7.3%)の順となった。

APIAによると、新車乗用車の購入者の66%は法人で、残りの34%が個人だ。個人による購入台数は前年比で30%増加した。

モデル別でみると、ダチアが「ロガン」の1万6,198台を筆頭に、「ダスター」(8,659台)、「サンデロ」(8,465台)と3位までを独占した。4位はシュコダの「オクタビア」(4,821台)、5位はルノーの「クリオ」(3,834台)が続いた。

日本車の乗用車新車登録台数は前年比20.3%増の1万3,943台だった(表2参照)。三菱自動車(前年比24.9%減の349台)、スバル(66%減の19台)、レクサス(同3.7%減の158台)の3ブランドは振るわなかったものの、日本車全体では登録台数を伸ばした。伸び率が高かったのはスズキ(43.7%増の3,405台)、トヨタ(24.6%増の4,292台)およびマツダ(同22.9%増の1,946台)だった。

韓国車は前年比27.4%増の7,128台となった。ブランド別では、現代が22.4%増の4,260台、起亜が35.4%増の2,833台、双竜が66.7%増の35台だった。

「ラブラ・プラス・プログラム」が電気自動車の販売に寄与

2017年の新車登録台数は前年比13.4%伸びたものの、車齢8年以上の古い自動車の買い替えに際して新車購入の割引補助クーポン(6,500レイ、約19万円)を支給する「ラブラ・プログラム」の効果は前年に比べると限定的であった。中古車に課されていた税金が廃止されたことで、中古車販売が伸びたことがその背景にある。なお、個人購入の場合、新車の二酸化炭素排出量に応じたエコボーナス(補助金)が支給される。ハイブリッド車の場合は1,700レイ(約4万9,300円、レイは通貨単位レウの複数形、1レウ=約29円)で、通常の1,000レイより高い設定となっている。

電気自動車の購入補助金である「ラブラ・プラス・プログラム」では、新規に電気自動車(BEV)を購入すると、1人当たり1万ユーロ、プラグイン・ハイブリッド(PHEV)は4,500ユーロの補助金が支給される。2017年のルーマニアにおける電気自動車(BEV、PHEV、トヨタ「プリウス」などのハイブリッド車(HEV)など)の新車登録台数は全体の2.2%程度に留まるが、前年比では2倍増となった。電気自動車(BEV、PHEVおよびエクステンデッドレンジEV)が207.8%増の514台、ハイブリッド車(HEV)は126.1%増の2,297台だった。なお、ディーゼル車の登録台数は前年の49.3%から46.1%に低下した。

環境スタンプ税廃止で中古車が激増

中古車市場については、内務省運転免許自動車登録所によると、2017年の登録台数は前年比74.6%増の51万8,927台と激増した(表3参照)。その理由として、前述の車齢の高い中古車に対して課税する「環境スタンプ税」が2017年2月に廃止されたことが挙げられる。登録台数別にみると、VWが最大で13万6,268台(61.0%増)、オペル6万3,826台(33.2%増)、フォード5万916台(54.2%増)、アウディ4万6,663台(97.6%増)、BMWの4万6,143台(93.4%増)が続いた。

ダチアの国内生産台数は2.0%減

2017年のルーマニア国内の自動車生産台数は2018年3月末時点では発表されていないが、自動車メーカー協会(ACAROM)によると、ダチアの生産台数は前年比2.0%減である31万3,883台だった。また、APIAによると、フォードは28.1%増となる4万9,771台となった。

(ユニアナ・ミンドル、水野桂輔)

(ルーマニア)

ビジネス短信 d3862f435f279588

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp