1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. ベルギーからEMEAを統括するカネカ

ベルギーからEMEAを統括するカネカ

(ベルギー)

ブリュッセル発

2018年03月30日

ベルギー・フランダース政府貿易投資局は2月28日、同地域の対内投資に特に貢献した外国企業・団体に授与される「外国企業投資大賞2018」にカネカベルギーを選出した。欧州の中でも雇用コストが割高な国とされるベルギーで、これまで積極的に投資を行い、雇用を拡大してきた取り組みと生産能力増強のための投資計画に対し、今回の賞が贈られた。カネカベルギーを含むカネカグループの欧州法人を統括するカネカヨーロッパグループ関係者に、欧州での取り組みについて聞いた(3月5日)。

日系化学企業の先駆者

世界で化学関連製品の生産・販売を行っているカネカは、欧州では1970年にカネカベルギーを設立し、当時の欧州における塩化ビニル樹脂製ボトルの普及に合わせて、樹脂の機能性向上に寄与する改質剤である「モディファイヤー・カネエースB」の製造・販売を開始した。カネカは日本の化学企業の中で最初にベルギーに進出し、祖業のモディファイヤーの販売を欧州全域に拡大してきた。その後、衝撃吸収材料として自動車部材、包材用途に使用される発泡ポリオレフィン(エペラン)、さらには接着剤、シーリング剤として建築用途などで使用が拡大するカネカMSポリマーを、順次、欧州市場に投入し、現在もカネカベルギーで製造・販売している。

1994年には、欧州での血液浄化システムと医薬品中間体の販売をより効率的に進めるため、カネカファーマヨーロッパを設立。2010年には、バイオテクノロジーをベースとした事業分野で20年以上の経験と実績を持つユーロジェンテック(現:カネカユーロジェンテック)と資本提携することでバイオ医薬品分野に参入した。2015年には、カネカベルギー、カネカファーマヨーロッパ、カネカユーロジェンテックの欧州3社を統括しEMEA(欧州・中東・アフリカ)での事業展開をさらに加速していくためにベルギーに欧州統括会社カネカヨーロッパホールディングを設立した。

近年はベルギーにおける既存事業のさらなる拡大を目指し、生産能力増強の投資も積極的に行っている。2017年5月に、バイオ医薬品の生産能力を増強するために、カネカユーロジェンテックが約50億円の製造施設の新設を決定、同月カネカベルギーがカネカMSポリマーの生産設備増設の投資約40億円を決定した。さらに、2018年1月には、カネカベルギーが自動車部材などの旺盛な需要に対応するためエペランの生産設備の増設(約20億円の投資)を決定した。これらの取り組みが評価され、カネカは、2018年2月28日、ベルギー・フランダース政府貿易投資局が主催する、同地域の対内投資に特に貢献した外国企業・団体に贈られる「外国企業投資大賞2018」を受賞した(2018年3月14日記事参照)。

高度人材を長期的に雇用

カネカベルギーの関係者は、ベルギーで継続的な投資を行うメリットとして、まず、同国では高度な教育を受けた人材を見つけやすい点を挙げた。

また同社は、工場の運転管理のためのシステム投資を行い、省力化を図っている。加えて、欧州では個人主義によりチームでの仕事のノウハウを共有すること難しいケースもあるが、同社ではチーム内で互いに学び合い、教育することを奨励することで製造現場の知識・ノウハウをチームとして共有し、自発的に問題解決に取り組むよう実践した。その結果、現場での課題解決力が向上し、効率的な仕事運びを実現してきた。また、製造関係者による朝礼や各種社内イベントを通して従業員と密なコミュニケーションを取ることで、従業員の意見を吸い上げ、不満にも早期に対処し、離職率を低く抑える取り組みを行ってきた。

消費者目線で事業ポートフォリオを改革

カネカは2017年から従来までの素材を提供する中間材メーカーから社会的な課題を解決するソリューションを提供する会社へ変わることで事業ポートフォリオの改革に取り組んでいるという。既存の事業の特性に加え、現地の消費者のニーズを取り込んだ商品開発を行い、より消費者の目線に立った価値を追求しながらビジネス展開を図るというものだ。

取り組みの1つとして、付け毛や頭髪などとして使用される、アクリル系繊維「カネカロン」の販売が挙げられる。同製品は、ソフトな肌ざわり、さまざまな色合い、ファション性という性質を併せ持つ素材として、アフリカ女性、美容師から大きな支持を得て売上高を伸ばしている。同社は、特に女性向けウィッグやエクステンション(付け毛)の需要が伸びるアフリカに目を向けた生産に意欲的だ。今後は、同製品のアフリカにおける主な市場の1つであり、マーケティング機能を持つガーナの拠点(2016年設立)に開発機能も加え、現地の消費者目線での商品開発、マーケティングでさらなるビジネス拡大を図っていく予定だ(ジェトロセンサー2017年3月号参照PDFファイル(257KB))。

(大中登紀子)

(ベルギー)

ビジネス短信 36d4a8dd850b8c76

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp