1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 広東省、大気・水質汚染物質排出の課税額を決定

広東省、大気・水質汚染物質排出の課税額を決定

(中国)

広州発

2018年02月08日

広東省で1月1日、「広東省大気汚染物質・水質汚染物質環境保護税適用税額の決定」が施行された。全国での「環境保護税法」施行を受けて、大気汚染物質と水質汚染物質の排出について課税額を確定した。単位当たりの課税額は大気汚染物質が1.8元、水質汚染物質が2.8元で、従来に比べ負担増となる。同決定により、同省では9億6,600万元(約164億2,200万円、1元=約17円)の環境保護税収入を見込んでいる。

税額は他の主要省・市を下回る水準

中国では1月1日に「環境保護税法」が施行され、大気汚染物質、水質汚染物質、固形廃棄物の排出および騒音への課税が開始された。これまでは「汚染排出費徴収使用管理条例」などに基づき環境保護部門などが費用を徴収していたが、今後は税務当局が税金として徴収する。同法の「環境保護税税目税額表」(以下、「税額表」)には各項目の課税額が記載されている(表1参照)。固形廃棄物および騒音の税額は一律で定められているが、大気汚染物質、水質汚染物質の税額は同法第6条第2項に基づき、省、自治区、直轄市が定められた範囲内で自主的に決定するとされている。

これを受けて、広東省では1月1日に「広東省大気汚染物質・水質汚染物質環境保護税適用税額の決定」(以下、「決定」)が施行された。大気汚染物質は1単位当たり1.8元、水質汚染物質は2.8元課税される。従来に比べ、1単位当たり大気汚染物質で0.6~1.2元、水質汚染物質で1.4~2.1元の負担増となる。ただ、同省の税額を他の主要省・市の税額を比べると、北京市、天津市、江蘇省を大幅に下回り、排出内容によっては上海市よりも低い水準となっている(表2参照)。

広東省は「決定」施行により、環境保護税は1億8,000万元の増収となり、9億6,600万元の税収を見込んでいる(「南方日報」1月1日)。

表1 環境保護税の税目別税額(単位:元)
税目 単位 税額
大気汚染物質 汚染当量 1.2~12
水質汚染物質 汚染当量 1.4~14
固体廃棄物 石炭鉱石 トン 5
尾鉱 トン 15
危険廃棄物 トン 1,000
冶金(やきん)スラグ、フライアッシュ、スラグ、
その他固体廃棄物(半固体、液体を含む)
トン 25
騒音 工場騒音 1~3デシベル 350
4~6デシベル 700
7~9デシベル 1,400
10~12デシベル 2,800
13~15デシベル 5,600
16デシベル~ 11,200

(注)汚染当量は、汚染物質の排出量を当該物質ごとの固有単位で割って算出。騒音の単位は基準超過分、税額は1カ月分。
(出所)環境保護税法

表2 主要省・市の税額(単位:元)
省・市 大気汚染物質 水質汚染物質
広東省 1.8 2.8
北京市 12 14
天津市 10 12
上海市 1.2~7.6 1.4~5
浙江省 1.2~1.8 1.4~1.8
江蘇省 4.8~8.4 5.6~8.4

(注1)上海市、浙江省は排出内容により税額が異なる。
(注2)江蘇省は地域により税額が異なる。
(出所)各地方政府

(河野円洋)

(中国)

ビジネス短信 692741c4efa22100

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査計画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp