拡大する生体牛輸出、通常の牛肉輸出に影響も

(オーストラリア)

シドニー発

2018年01月05日

オーストラリアの牛の総飼養頭数(肉用牛、乳用牛、繁殖雌牛を含む)は2,700万頭と、日本の10倍強だ。と畜頭数は年間700万~900万程度で、その8割を占める輸出向けのうち生体牛は約100万頭という。これは、日本の成牛と畜頭数に匹敵する規模だ。こうした中、オーストラリアの生体牛輸出に関するコンファレンスが2017年11月に西オーストラリア州パースで開催され、通常の牛肉輸出への影響を懸念する声も出た。

ビジネス短信 9fd62ff93ccb0210

記事本文は、会員の方のみご覧いただけます。

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp