1. サイトトップ
  2. 世界のビジネスニュース(通商弘報)
  3. 一帯一路構想で、インフラ投資拠点化進む-2016年の中国企業の対外直接投資動向-

一帯一路構想で、インフラ投資拠点化進む-2016年の中国企業の対外直接投資動向-

(シンガポール、中国)

シンガポール発

2017年12月15日

中国企業は近年、シンガポールを東南アジア中心に国際市場に展開するための拠点として位置付けている。最近では、中国政府が掲げる「一帯一路」構想に基づき、東南アジアでインフラ投資を展開するためのハブとして、シンガポールの地位を強化する動きが相次ぐ。また、中国の不動産開発会社はシンガポールを拠点に、近隣国での工業団地や複合都市開発などインフラ開発の機会を模索している。

通商弘報 8f440922ef81969c

記事本文は、会員/購読者の方のみご覧いただけます。

ご質問・お問い合わせ

よくあるご質問

ログインやメール版通商弘報などのよくお寄せいただくご質問とそのご案内をまとめました。
お問い合わせをいただく前にご確認をお願いします。

通商弘報ご購読・ご利用に関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズの方

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp

「通商弘報」定期購読の方

ジェトロ海外調査計画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:kouhou@jetro.go.jp