1. サイトトップ
  2. 世界のビジネスニュース(通商弘報)
  3. 一般最低賃金、12月から10.4%引き上げ

一般最低賃金、12月から10.4%引き上げ

(メキシコ)

メキシコ発

2017年12月05日

国家最低賃金委員会(CONASAMI)は11月24日に一般最低賃金の改定を公示し、12月1日から施行した。前回と同様、インフレ考慮分に加えて、最低賃金労働者の購買力回復を目的にベースアップが実施され、日給は合計で10.4%引き上げられて88.36ペソ(約530円、1ペソ=約6円)となった。また、職種別賃金も3.9%上昇した。


インフレ分に加えベアを実施

CONASAMI(政府、組織労働者、民間企業の代表で構成)は賃上げの理由として、GDPなどの経済指標が当初の見込みを上回っていることや、貧困に関する数値指標の上昇を挙げている。最低賃金には特定の職種が対象としない「一般」と特定の職種が対象の「職種別」があり、今回はともに改定された。

一般最低賃金については、2017年1月1日付けで改定された現行の80.04ペソに5ペソのベースアップを行い、これにインフレ考慮分の3.9%をかけた3.32ペソを足して88.36ペソとなった。10.4%の引き上げとなる。2016年までの一般最低賃金はインフレのみを考慮していたが、前回からは最低賃金労働者の購買力回復を目的にベースアップを実施している。なお、CONASAMIはこのベースアップについて、あくまで最低賃金労働者の購買力回復が目的であり、職種別の最低賃金労働者など、その他の給与体系の労働者には適用されないとしており、通常の賃金交渉はインフレを反映した3.9%をベースに行われると解釈できそうだ。なお、職種別賃金はインフレ分の3.9%のみ引き上げられた(表参照)。職種の定義の詳細はCONASAMIのウェブサイト外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますに記載されている。

表 職種別の最低賃金(日給)

2018年4月までに見直しの可能性も

CONASAMIは最低賃金改定と同時に、2018年4月までに経済状況次第で見直しを行う可能性があることを発表している。社会開発政策評議会(CONEVAL)が設定する必需品取得最低水準(Linea de Bienestar、95.24ペソ)に一般最低賃金を近づけることが目的だ。CONASAMIに参加している経済団体の全国工業会議所連合会(COPARMEX)は、今回の改定を評価しつつも、一般最低賃金を速やかに95.24ペソにするよう求めている(「エル・ウニベルサル」紙11月21日)。

(岩田理)

(メキシコ)

通商弘報 1d743a7d394a8509

ご質問・お問い合わせ

よくあるご質問

ログインやメール版通商弘報などのよくお寄せいただくご質問とそのご案内をまとめました。
お問い合わせをいただく前にご確認をお願いします。

通商弘報ご購読・ご利用に関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズの方

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp

「通商弘報」定期購読の方

ジェトロ海外調査計画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:kouhou@jetro.go.jp