1. サイトトップ
  2. 世界のビジネスニュース(通商弘報)
  3. 化学肥料DAPとMAPに暫定セーフガードを発動

化学肥料DAPとMAPに暫定セーフガードを発動

(ベトナム)

ハノイ発

2017年10月06日

ベトナム商工省は8月4日付で、一部化学肥料に対してWTOの規定に基づく暫定セーフガードの発動を決定した(商工省決定3044/QD-BCT号)。対象品目は、リン酸1アンモニウム(MAP)とリン酸2アンモニウム(DAP)だ。暫定セーフガード発動の理由として、中国の過剰在庫に伴い、ベトナムに安価な製品が流入していることなどが挙げられている。


8月19日から200日間実施

ベトナムでのセーフガードは、2002年5月25日付の国会常務委員会法令第42/2002/PL-UBTVQH10号において規定され、同法令ではセーフガード発動に関する調査開始決定後、利害関係者は30日以内に商工省に対し見解を述べることができる(第12条)。その後、商工省はそれらの情報、証拠、見解について検討し、6カ月以内に結論を出すこととされる(第18条)。さらに調査が必要な場合は、調査期間を2カ月延長することができる。ただし、最終調査結果の発表前でも、緊急対処が必要と認められた場合は「暫定セーフガード」を適用できる。これにより、最大200日間、関税率の引き上げが可能となる(第20条第5項)。所管は商工省競争管理局だ。

今回の化学肥料に対する暫定セーフガードは8月19日から200日間で、その後、商工省はセーフガードを正式に発動するか否かを決定する予定だ。対象品目は農作物の栽培などに使用される化学肥料(DAP・MAP)8品目で、HSコード8桁で規定されている。詳細は以下のとおり。

○対象8品目のHSコードと税率

3105.10.20(WTO税率:6%)、3105.10.90(0%)、3105.20.00(6%)、3105.30.00(6%)、3105.40.00(0%)、3105.51.00(0%)、3105.59.00(0%)、3105.90.00(0%)

暫定セーフガード関税は、1トン当たり185万5,790ドン(約9,316円、9月30日のベトコムバンクレート:1円=199.15ドン)の従量税が賦課されることになる。

今回の決定に先立ち、2017年3月31日に国営化学大手ビナケム傘下のDAPとDAP2から、商工省に対してセーフガード発動要請があった。その後、5月12日から商工省がセーフガード発動に関する調査を行っていた。

中国の化学肥料の過剰在庫が原因と分析

商工省の報告書によると、DAPおよびMAPの輸入量は2013年の107万トンから2016年に109万トンとわずかに増加した一方、輸入額は2013年の5億1,500万ドルから2016年には4億600万ドルと減少した。これら2つの国産品の価格は輸入品に比べ35.5%高く、いかに低価格で輸入されているかが分かる。

同報告書では、これら製品の世界的な需要減により、一大生産国の中国が過剰在庫を抱えたと分析している。化学肥料生産における中国の世界シェアはDAPが50%、MAPが28%となり、いずれもトップだ。

2016年のこれら2つの製品のベトナムへの国別輸入シェアは、中国が82.6%、韓国が5.4%、ロシアが2.6%で、中国が圧倒的な割合を占めている。

8月4日付の商工省決定3044/QD-BCT号については以下を参照。

2017年8月4日付、ベトナム商工省競争局ウェブサイト外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

2017年8月18日付、ベトナム税関総局ウェブサイト外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

(佐藤進)

(ベトナム)

通商弘報 66add4da3f53e635

ご質問・お問い合わせ

よくあるご質問

ログインやメール版通商弘報などのよくお寄せいただくご質問とそのご案内をまとめました。
お問い合わせをいただく前にご確認をお願いします。

通商弘報ご購読・ご利用に関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズの方

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp

「通商弘報」定期購読の方

ジェトロ海外調査計画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:kouhou@jetro.go.jp