1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 八幡屋茶舗、アジアから英国にも販売拡大

八幡屋茶舗、アジアから英国にも販売拡大

(英国、日本)

欧州ロシアCIS課

2017年08月16日

八幡屋茶舗(静岡県周智郡)は、2015年からアジアへ茶の輸出を始めた。2016年からは英国へも輸出し、期間限定ながら大英博物館で土産用の茶を販売した。一般消費者向けのみならず、カフェ向けの業務用抹茶も輸出している。営業課長の安間準氏と海外営業の坂上亮氏に、欧州でのビジネス展開と展望について聞いた(7月21日)。

大英博物館で期間限定販売

八幡屋茶舗は1912年創立の老舗で、茶の輸出の際の再製加工、販売を手掛けている。茶どころの地元をはじめ全国から茶葉を仕入れるネットワークを持ち、顧客の要望に合った茶を販売している。日本では急須で茶を入れることが少なくなり、茶葉の需要が年々減少しているが、海外では健康・日本食ブームで日本茶の需要が増加していることに着目し、海外進出の検討を開始。2015年に中小企業基盤整備機構の事業化可能性調査(FS)実施支援を受けたことを契機に海外事業部を設立し、同年10月にマレーシア、シンガポールへの輸出を開始した。

2016年には、英国最大規模の高級食材見本市「スペシャリティー&ファインフードフェア」に参加し、ロンドンにある日本食材・雑貨を扱う日系商社から大英博物館のバイヤーを紹介された。同博物館では2017年5月25日~8月13日に葛飾北斎展が開催され、この期間限定で北斎の作品をパッケージにした茶を特設の土産コーナーで販売した。安間氏は「今回は期間限定だったが、常時販売も狙っていきたい」と話す。また同見本市では、ロンドンで抹茶カフェをオープン予定のバイヤーとの商談が成立。その後、カフェがオープンし、ケーキなどに使う抹茶を日系商社経由で納入している。

自立型パッケージで人目を引く

八幡屋茶舗は主に業務用の抹茶などを輸出しているが、一般消費者向けの商品も扱っている。「和を食べるように、和を飲む」をコンセプトにしたオリジナルブランド「和飲」だ。煎茶とほうじ茶の茶葉、煎茶と玄米茶のティーバッグ、抹茶の計5種類を「和飲」シリーズとして販売しており、いずれもオーガニックだ。「和飲」シリーズのパッケージは立てておける「自立型」にした。一般的に茶のパッケージは細長くて薄く、店頭では平積みされるが、これでは消費者の目に付きにくい。そこで、自立型のパッケージに茶葉の写真や日本的な絵柄をプリントして、日本茶をアピールする狙い。「和飲」シリーズは、ロンドンの抹茶カフェやマレーシアの日系ショッピングモールで販売されている。坂上氏は「今後は、商談などでニーズをつかみ、『和飲』シリーズのバリエーションの充実を図っていきたい」と意欲的だ。

写真 自立型パッケージの「和飲」シリーズ(ジェトロ撮影)

ありふれた日本茶との差別化が課題

同社によると、欧州は残留農薬の規制が日本より厳しく、日本の茶畑で使用されている農薬が欧州で登録されていないため、現状では欧州への輸出は無農薬栽培の茶に限られているという。無農薬・無肥料の自然栽培は土づくりが難しく、時間もかかるため、茶が栄養不足になりがちで、おいしいものが少ない。そのため、国内でオーガニック栽培したおいしい茶は、海外向けとして加工・製造業者で奪い合いになっているという。

海外で日本茶が一般消費者まで浸透しているとは言い難い。実際、煎茶は茶葉よりも粉末の方が売れているという。消費者が茶の入れ方を知らず、手軽な粉茶を好むためだ。坂上氏によると、欧州市場では緑茶には既に中国産のイメージが定着し、価格や味も中国産がベースになっているため、日本茶を普及させるにはまず、現地の生活に溶け込んだかたちで提案し、知ってもらうことが重要という。中国産の緑茶は、さっぱりしていて苦みが少ない。坂上氏は「欧州のバイヤーから、日本茶は苦いとよく言われる。中国産の緑茶が普及している欧州では、苦い茶を飲み慣れていない。欧州向けは(苦みの少ない)浅蒸し茶を考えている」と説明する。

同社は今後、ドイツ事業を拡大していく予定だ。坂上氏が6月にドイツで数社と面談したところ、発注の可能性を感じた一方、日本茶は現地でありふれたものになりつつあり、差別化を図る必要があるとも感じたという。「現地の人は茶の知識に乏しく、日本茶が並ぶ中、どれを手にしていいか分からない。その中で手に取ってもらえるようにすることが課題」といい、「どんどん前に進まないと海外市場は開拓できない。時間と資金を確保し、オープンマインドでいろいろな場所に行き、さまざまな話を聞いていきたい」と語った。同社は、ドイツのケルンで10月に開催される世界最大級の食品見本市・商談会「アヌーガ2017」に出展予定で、この商談会で欧州事業拡大の基盤形成を目指すという。

 写真 海外営業を担当する坂上亮氏(ジェトロ撮影)

(田中晋、鵜澤聡)

(英国、日本)

ビジネス短信 138624dd35bea6cb

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp