支持率低迷に苦しむペニャ・ニエト政権-治安悪化に加えインフレなども課題に-

(メキシコ)

米州課

2017年03月21日

 エンリケ・ペニャ・ニエト大統領の支持率が低下している。2012年12月の大統領就任後、憲法改正を伴う構造改革を複数実現し、経済分野では大きな問題もなく政権を運営してきた。しかし、2017年初めからインフレが高進し、従来の治安対策に加えて経済分野の課題も大きくなっている。対米姿勢も支持率を左右するため、国境の壁や北米自由貿易協定(NAFTA)をめぐるトランプ政権との交渉の成果次第では、2018年の大統領選挙で与党・制度的革命党(PRI)が敗北する可能性も出てきている。

通商弘報 88bfa4e7504ee9e8

記事本文は、会員/購読者の方のみご覧いただけます。

ご質問・お問い合わせ

よくあるご質問

ログインやメール版通商弘報などのよくお寄せいただくご質問とそのご案内をまとめました。
お問い合わせをいただく前にご確認をお願いします。

通商弘報ご購読・ご利用に関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ及び中国経済情報研究会の方

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
    E-mail:jmember@jetro.go.jp

「通商弘報」定期購読の方

ジェトロ海外調査計画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:kouhou@jetro.go.jp