1. サイトトップ
  2. 世界のビジネスニュース(通商弘報)
  3. 広島大発ベンチャーの実験装置をNASAが採用-北米進出の先行事例-

広島大発ベンチャーの実験装置をNASAが採用-北米進出の先行事例-

(米国)

米州課

2016年11月09日

 広島大学発ベンチャー企業のスペース・バイオ・ラボラトリーズ(SBL)が開発した重力制御装置グラビテ(Gravite)は、米航空宇宙局(NASA)ケネディ宇宙センターに新設された微小重力シミュレーターセンターに導入された。2年後に実施予定の国際宇宙ステーション(ISS)を使った再生医療の宇宙実験にも活用される。広島大学大学院教授で同社取締役も務める弓削類(ゆげ・るい)氏と同社の河原裕美代表取締役に話を聞いた(10月20日)。

本記事の内容は、国際ビジネス情報番組「世界は今」でも取り上げており、映像でもご覧いただけます。

通商弘報 9c81f1edf73b9ea7

記事本文は、会員/購読者の方のみご覧いただけます。

ご質問・お問い合わせ

よくあるご質問

ログインやメール版通商弘報などのよくお寄せいただくご質問とそのご案内をまとめました。
お問い合わせをいただく前にご確認をお願いします。

通商弘報ご購読・ご利用に関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ及び中国経済情報研究会の方

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
    E-mail:jmember@jetro.go.jp

「通商弘報」定期購読の方

ジェトロ海外調査計画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:kouhou@jetro.go.jp