1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 広島大発ベンチャーの実験装置をNASAが採用-北米進出の先行事例-

広島大発ベンチャーの実験装置をNASAが採用-北米進出の先行事例-

(米国)

米州課

2016年11月09日

 広島大学発ベンチャー企業のスペース・バイオ・ラボラトリーズ(SBL)が開発した重力制御装置グラビテ(Gravite)は、米航空宇宙局(NASA)ケネディ宇宙センターに新設された微小重力シミュレーターセンターに導入された。2年後に実施予定の国際宇宙ステーション(ISS)を使った再生医療の宇宙実験にも活用される。広島大学大学院教授で同社取締役も務める弓削類(ゆげ・るい)氏と同社の河原裕美代表取締役に話を聞いた(10月20日)。

本記事の内容は、国際ビジネス情報番組「世界は今」でも取り上げており、映像でもご覧いただけます。

ビジネス短信 9c81f1edf73b9ea7

記事本文は、会員の方のみご覧いただけます。

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査計画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp