1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 農産品などの輸入禁止を1年間延長-EUの制裁延長受け-

農産品などの輸入禁止を1年間延長-EUの制裁延長受け-

(ロシア)

モスクワ事務所

2015年07月01日

 ロシア政府は6月25日、EUによる経済制裁の延長を受け、米国、EU、カナダ、オーストラリア、ノルウェー産の農産品、原材料、食料品の輸入禁止措置を1年間延長すると発表した。

<一部対象品目を変更>

 メドベージェフ首相は、2015625日付連邦政府決定第625号「201487日付連邦政府決定第778号の修正について」に署名し、即日発効した。これは、EUによる対ロシア経済制裁の延長決定を受け、プーチン大統領が署名した2015624日付大統領令第320号に基づくもの。

 

 これにより、20148月に1年間の時限措置として導入された米国、EU、カナダ、オーストラリア、ノルウェー産の食品輸入禁止措置(2014年8月8事参照)がさらに1年間延長された。新たな期限は201685日。

 

 今回、輸入禁止対象品目が一部変更された(表参照)。20148月の輸入禁止措置導入直後に、2014820日付連邦政府決定第830号によって、大西洋サケ・マスの稚魚、無乳糖ミルク・乳製品、種イモ、タマネギの苗、播種(はしゅ)用交配種スイートコーン、播種用エンドウ豆、サプリメント類が対象品目から除外されていたが、今回のリストでは、新たにカキとイ貝の稚貝も除外品目となった。他方、1.5%以上の乳脂肪分を含み、工業生産されたチーズ関連食品・加工品が対象品目に加えられた。

 政府によると、大西洋サケ・マスの稚魚、カキ、イ貝の稚貝の除外理由は、ロシアの養殖施設における生産量拡大、新規養殖場の創設、既存養殖場の支援のために必要なためとしている。

 

<対象品目拡大の可能性も>

 アレクサンドル・トカチェフ農業相は625日、輸入禁止品目が魚の缶詰や菓子類、花にも拡大する可能性があると指摘。そのほか、無乳糖製品の要件の厳格化などについて農業省は検討しており、近く政府に提案すると、農業省関係者は述べた(「ベドモスチ」紙625日)。

 

(齋藤寛)

(ロシア)

ビジネス短信 0f893c6ab493d555

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp