1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. すき家の牛丼、ハラール市場への浸透を図る−サービス関連進出日系企業に聞く(5)−

すき家の牛丼、ハラール市場への浸透を図る−サービス関連進出日系企業に聞く(5)−

(マレーシア)

クアラルンプール事務所

2014年08月05日

牛丼チェーン「すき家」で知られるゼンショーホールディングスはマレーシアで、イスラム法に適合した「ハラール認証」を調理工場が取得し、ハラールメニューを顧客に提供している。人材確保やハラール調理の難しさといった苦労に直面する中、次は店舗のハラール認証を取得し、さらには他のムスリム(イスラム教徒)諸国への事業展開も視野に入れている。6月25日に現地法人ゼンショー・フーズ・マレーシアの須山憲之マネージング・ディレクターに、出店の経緯や今後の事業展開について聞いた。シリーズの最終回。

ビジネス短信 53ba1d9ba6bf8

記事本文は、会員の方のみご覧いただけます。

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp