トルコが主要な相手、サブサハラではインフラに取り組む−外資・地場からみる中東アフリカ市場(9)−

(イスラエル)

テルアビブ事務所

2014年01月28日

パレスチナ問題を抱えるイスラエルの企業にとって、国交のない周辺国の企業とのビジネスは難しく、中東地域ではトルコが唯一の大口貿易相手国となっている。一方、アフリカでは、国交のないサブサハラ諸国を含め、農業、通信などのインフラ事業に取り組むイスラエル企業がある。

通商弘報 52e20bde62e08

記事本文は、会員/購読者の方のみご覧いただけます。

ご質問・お問い合わせ

よくあるご質問

ログインやメール版通商弘報などのよくお寄せいただくご質問とそのご案内をまとめました。
お問い合わせをいただく前にご確認をお願いします。

通商弘報ご購読・ご利用に関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ及び中国経済情報研究会の方

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
    E-mail:jmember@jetro.go.jp

「通商弘報」定期購読の方

ジェトロ海外調査計画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:kouhou@jetro.go.jp