1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. エネルギー・ガス・RE3法の改正が難航−欧州・トルコのエネルギー政策と企業動向(12)−

エネルギー・ガス・RE3法の改正が難航−欧州・トルコのエネルギー政策と企業動向(12)−

(ポーランド)

ワルシャワ事務所

2013年12月19日

ポーランドは発電のほとんどを国内に豊富な埋蔵量を誇る石炭に頼る。主力を担う石炭火力発電所の老朽化が進んでおり、日系企業を含め各社はビジネスチャンスを見いだしているが、最近の電力価格の低迷などを受け、頓挫している発電所建設計画もある。原子力、シェールガス、風力などの活用も模索されているが、法整備が進まず、いまだ発展途上にある。まずは、エネルギー関連3法の改正が急務だ。

ビジネス短信 52b0121ddafe8

記事本文は、会員の方のみご覧いただけます。

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp