安定した政治体制の下、経済は好況を維持−アラブの春以降の中東諸国の情勢変化(7)−

(サウジアラビア)

リヤド事務所

2012年12月11日

サウジアラビアにおいては、「アラブの春」の影響はほとんどなく、むしろ原油輸出の増加や消費の拡大などをもたらした。一時的な外資の投資手控えはあったが、2011年後半からは複数の大型投資案件が発表され、安定した政治体制の下で堅調な経済成長が続いている。

ビジネス短信 50bd6db624608

記事本文は、会員の方のみご覧いただけます。

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp