事業戦略見直し迫られる輸出指向型企業−最低賃金300バーツのインパクト(1)−

(タイ)

バンコク発

2011年09月26日

内需主導型の経済成長を政策の柱に置くインラック政権が、総選挙で公約した「最低賃金全国一律300バーツ」(1バーツ=約2.5円)をそのまま実施した場合、賃金水準はマレーシアや中国を上回り、特に、輸出指向型産業・企業の国際競争力をそぐ懸念がある。この政策はインラック政権の目玉政策で、撤回は政権自体に打撃を与えるため、導入に向けて産業界との調整が続いている。最低賃金300バーツ政策のインパクトを2回に分けて報告する。

ビジネス短信 4e7ac6150cb20

記事本文は、会員の方のみご覧いただけます。

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp