1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 原産地規則の柔軟化で補修部品の扱いが課題に

原産地規則の柔軟化で補修部品の扱いが課題に

(ASEAN、日本、オセアニア)

アジア大洋州課

2009年03月04日

ASEANをハブとした東アジアの自由貿易協定(FTA)網で、原産地規則の主流は、域内原産比率40%と関税番号変更基準との「選択制」になっている。選択制導入移行で、ASEANの部品調達体制は格段に向上し、アジア大での最適生産・調達体制が構築できる環境が整備されつつある。しかし同時に、「補修部品」に対する扱いなど、新たな課題が生じている。

ビジネス短信 49add5acc2d30

記事本文は、会員の方のみご覧いただけます。

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp