カーボンニュートラルに向け事業転換を進める米国企業の対応事例(2022年3月)

2022年03月15日

最終更新日:

米国では政権公約である2050年のカーボンニュートラル実現のため、化石燃料に依存する産業を中心に、産業構造の転換が不可避なものとなっている。しかし、長期の目標に対して、市場の変化の時間軸は不透明で、企業は当面、既存のビジネスを継続・発展させつつ、カーボンニュートラルに向けた取り組みや新規事業も同時に進める必要がある。
本報告書では、米国で事業を行う企業について、バイデン政権の温暖化ガス削減目標に挙げられている主要5部門(電力、輸送、住宅・商業、産業、農業)に分けて、当該企業及びそのサプライヤーや支援サービス産業も含め、経営方針の変化、事業ポートフォリオの見直し、他企業とのアライアンスなど、取り組み事例をまとめる。

レポートをご覧いただいた後、アンケート新しいウィンドウで開きます(所要時間:約1分)にご協力ください。

発行年月:
2022年03月
作成部署:
ジェトロ米州課、ジェトロ・ニューヨーク事務所
総ページ数:
67ページ

関連情報

ご質問・お問い合わせ