アルゼンチンにおけるスタートアップ・エコシステム(2022年2月)

2022年02月10日

最終更新日:

アルゼンチンのスタートアップ・エコシステムは、中南米諸国の他の国々よりも古い歴史を持っている。中南米最大のEコマースプラットフォームで、今や中南米のみならず世界的にも有名になったメルカドリブレは、同国で貿易自由化や民営化を含む経済開放政策が始まった1990年代の終わりに設立された。その後、1999年に設立されたネット旅行通販会社デスペガル、2003年創業のITソリューション企業グロバントなども現在は米国で上場しており、中南米IT企業の先駆け的存在となっている。本報告書では、こうしたアルゼンチンにおけるスタートアップ・エコシステム、具体的には、スタートアップ企業を取り巻く産官学の現状、関連規制に加えて、アルゼンチンを代表するスタートアップ企業や同国における、ベンチャー・キャピタル、スタートアップ関連イベントを紹介する。また、同国のエコシステムに日本企業や日本発スタートアップ企業がどのように関わっていくことができるか、についても考察する。

レポートをご覧いただいた後、アンケート新しいウィンドウで開きます(所要時間:約1分)にご協力ください。

発行年月:
2022年02月
作成部署:
ジェトロ米州課、ジェトロ・ブエノスアイレス事務所
総ページ数:
27ページ

関連情報

ご質問・お問い合わせ