アラブ首長国連邦(UAE)における茶流通実態調査(2021年12月)

2021年12月28日

最終更新日:

アラブ首長国連邦(UAE)においては昨今、日本食ブームが起きており、日本食レストランの店数についても、2016年の約196店から2020年には約288店で拡大するなど、非常に人気が高まっている。その日本食ブームに合わせて、日本産の食品が現地の小売店に並ぶ機会も増えており、特に飲料品については、緑茶や抹茶といった日本茶に関しても、目にする機会が増加している。
本報告書では、UAEにおける緑茶市場の概要と、日本からUAEへの茶の輸出状況、今後の輸出の可能性や課題について記載する。
本調査がUAE向けに茶類の輸出を考える事業者の対応の一助となれば幸いである。

レポートをご覧になった後、アンケートにご回答ください。(所要時間:約1分)

主な図表:
表1:HSコードの分類
図1:UAEにおける全世界からの緑茶の輸入額の推移(HSコード別、千ドル)
図2:UAEにおける輸入相手国別の緑茶の輸入額(2019年)(HSコード別、千ドル)
図3:UAEにおける緑茶の輸入相手国別の金額シェア(2019年)(%)
図4:UAEにおける日本からの緑茶の輸入額の推移(HSコード別、千ドル)
表2:日本からUAEへの緑茶の形状別の輸出量と金額
表3:UAEの小売店のECサイトにおける緑茶の販売状況
図5:UAEの小売店のECサイトにおいて販売されている緑茶の例
図6:UAEの小売店のECサイトにおいて販売されている日本ブランドの商品例
図7:AVANCHAのECサイトにおいて販売されている緑茶の例
図8:TCHABAのECサイトにおいて販売されている日本産煎茶
発行年月:
2021年12月
作成部署:
ジェトロ農林水産・食品市場開拓課、ジェトロ・ドバイ事務所
総ページ数:
11ページ

関連情報

ご質問・お問い合わせ