スーダン共和国の貿易・投資関連法制度(2021年12月)

2021年12月21日

最終更新日:

長年にわたり、スーダン経済は石油関連産業に大きく依存していたが、2011年に油田の8割を占める南スーダンが分離独立すると、輸出収入や外貨準備高が激減し、深刻な物価上昇に見舞われた。スーダン政府はそれ以降、海外直接投資の受け入れや市場の一部自由化など、ビジネス関連法制度の改革を推し進めてきた。国営企業が支配する一部分野・業界への参入はいまだ困難ではあるが、農業、鉱業、建設業などは各種規制の対象外となっている。本レポートは、スーダンのビジネス関連法制度に関する詳細情報をまとめたものである。会社設立や事業運営時に、本レポートを参考にされたい。

レポートをご覧いただいた後、アンケート新しいウィンドウで開きます(所要時間:約1分)にご協力ください。

発行年月:
2021年12月
作成部署:
ジェトロ中東アフリカ課、ジェトロ・カイロ事務所
総ページ数:
38ページ

関連情報

ご質問・お問い合わせ