1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 調査レポート
  4. 南カリフォルニアのスタートアップ・エコシステム(ロサンゼルス(シリコンビーチ)、サンディエゴ、アーバイン)(2020年4月)

南カリフォルニアのスタートアップ・エコシステム(ロサンゼルス(シリコンビーチ)、サンディエゴ、アーバイン)(2020年4月)

2020年04月30日

最終更新日:

シリコンバレー、ベイエリア一帯から、より快適な暮らしを求めて移住する先の一つとして注目を浴びている南カリフォルニア地域での起業の利点には、アクセスの良さ、多様なテッククラスター、多様性に溢れる環境と比較的安い生活・事業費、優秀な人材供給源である多数の著名研究大学の存在が挙げられる。

各都市が得意とする産業は以下(Global Startup Ecosystem Report 2019において、ロサンゼルスは7位、サンディエゴは20位)。

  • ロサンゼルス(2018年VC投資額114億ドル):エンターテインメント/メディア、ソフトウェア/テクノロジー、ヘルスケア/健康ソリューション、航空・宇宙、ソーシャルメディア
  • サンディエゴ(同28億ドル):ライフサイエンス、ソフトウェア、医療デバイス・機器
  • アーバイン(同17億ドル(アーバインを中心とするオレンジ郡全体)):ソフトウェア、医療デバイス・機器、ヘルスケア、メディア/エンターテインメント、エレクトロニクス、金融サービス分野
シリーズ名:
ニューヨークだより
発行年月:
2020年04月
作成部署:
ジェトロ・ニューヨーク事務所
総ページ数:
24ページ

関連情報

ご質問・お問い合わせ