1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 調査レポート
  4. 新型コロナによるASEAN+3地域のサプライチェーンへの影響と対応策(2020年11月)

新型コロナによるASEAN+3地域のサプライチェーンへの影響と対応策(2020年11月)

2021年01月06日

最終更新日:

本報告書は、東南アジア諸国連合(ASEAN)、日本、中国、韓国を含んだASEAN+3(以下、APT)地域で活動する日本企業のサプライチェーン・コネクティビティと、新型コロナウイルスがAPT地域のサプライチェーンに与えた影響を分析し、将来的に起こりうる同様のリスク(人やモノの動きの制限が伴う事案によるリスク)を回避するべく政策提言を行うことを目的としている。なお、本報告書は、ASEANおよび日中韓の4研究機関(JETROを含む)が参加し、共同研究した内容の一部を構成するものである。本共同研究の報告書は以下からダウンロードできる。

Joint Study on 10+3 Cooperation for Improvement of Supply Chain Connectivity外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

レポートをご覧いただいた後、アンケート新しいウィンドウで開きます(所要時間:約1分)にご協力ください。

本レポートの英語版はReports and Statisticsに掲載されています。
Impact of COVID-19 on the Supply Chain in ASEAN Plus Three region and Policy Recommendations Nov. 2020PDF filePDFファイル(3.0MB)

発行年月:
2020年11月
作成部署:
ジェトロ・アジア大洋州課
総ページ数:
34ページ

関連情報

ご質問・お問い合わせ