1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 調査レポート
  4. 2018年度北欧におけるイノベーション実態調査(デンマーク、フィンランド、アイスランド、ノルウェー、スウェーデン)(2019年3月)

2018年度北欧におけるイノベーション実態調査(デンマーク、フィンランド、アイスランド、ノルウェー、スウェーデン)(2019年3月)

2019年03月29日

最終更新日:

北欧諸国では、充実した社会保障に裏打ちされた起業のハードルの低さ、高度な教育水準によって実現される高スキル人材の充実、政府の政策によるイノベーション活動への積極的な支援により、スタートアップにとってポジティブなエコシステムが成立しており、世界的に見てもイノベーションの盛んな地域であると言える。フィンランドでは、世界的最大規模のスタートアップイベントであるSlushが開催されており、スウェーデンからはSpotify等のユニコーン企業が多数輩出されている。
他方、日本企業と北欧スタートアップ企業とのオープンイノベーションに目を向けると、まだまだこれからといった段階にあり、それほど事例も多くないのが実情で、日本企業のオープンイノベーションの文脈においては、北欧は大きなポテンシャルを秘めた地域と考えられる。本レポートでは、北欧のスタートアップエコシステムの活用インプリケーションを得て、日本企業と当該地域のスタートアップ間でのオープンイノベーション促進に資する情報提供を目指す。

主な図表:
デジタル化時代到来への対応度合(国別ランキング)、インターネット回線平均速度 世界上位10カ国など
発行年月:
2019年03月
作成部署:
ジェトロ・ロンドン事務所
総ページ数:
134ページ

関連情報

ご質問・お問い合わせ