1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 調査レポート
  4. 2019年度 ロシア進出日系企業実態調査(2020年1月)

2019年度 ロシア進出日系企業実態調査(2020年1月)

2020年01月20日

最終更新日:

ジェトロは2019年10~11月にかけて、ロシアに進出している日系企業に対し、現地での経営実態に関するアンケート調査を実施した。対象企業121社に回答を依頼し、102社(製造業28社、非製造業74社)より有効回答を得た(有効回答率84.3%)。主な質問項目は、経営状況、今後1~2年の事業展開、経営上の問題点、投資環境のメリット・デメリットなど。

調査結果のポイント

マクロ経済の減速も、営業黒字見込みは7割を維持、「儲かる市場」に変わりなし
  • ロシアでは世界経済の成長鈍化に伴う輸出減や、付加価値税増税と所得の減少による小売市場の不振などを背景にマクロ経済の減速がみられる中、2019年の営業利益見通しを「黒字」と回答した在ロシア日系企業の割合は全体の68.3%と、3年連続で約7割の水準(アジアや欧州など他地域と同程度)を維持した。前年(2018年)比での営業利益見込みの変化は「横ばい」と回答した企業が42.2%(前年比7.1ポイント増)で、ロシアは引き続き「利益の確保できる市場」と言える。
  • 経営上の問題点では、地場系企業との競合の激化、為替レートの変動、現地調達拡大の困難さなどが引き続き課題として挙げられ、投資環境面では、不安定な政治・社会情勢、不安定な為替、行政手続きの煩雑さがこれまでと同様に主要なリスク要因となっている。米国による対ロシア経済制裁については「影響あり」と回答した企業が過半となった。

レポートをご覧いただいた後、アンケート新しいウィンドウで開きます(所要時間:約1分)にご協力ください。

本レポートのロシア語版は、Reports and Statisticsに掲載されています。
ロシア語版:「Исследование «Деятельность японских компаний на российском рынке в 2019 году»PDFファイル(2.5MB)

シリーズ名:
ロシア進出日系企業実態調査
発行年月:
2020年01月
作成部署:
ジェトロ欧州ロシアCIS課
総ページ数:
29ページ

ファイルのダウンロード:

関連情報

ご質問・お問い合わせ