1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 調査レポート
  4. 2018年度 米国進出日系企業実態調査(2019年2月)

2018年度 米国進出日系企業実態調査(2019年2月)

2019年02月22日

最終更新日:

本報告書は、ジェトロが2018年11月9日から12月7日にかけて実施し、在米国日系企業(※製造業の生産会社と販売会社)730社に協力いただいたアンケート調査の結果をまとめたものである。各企業の業績見通し、今後の事業展開、サプライチェーン(原材料の調達先および製品の生産体制および販売先)、経営上の課題、変化するビジネス環境への対応について聞いた。
営業黒字を見込む企業が7割(74.5%)を超えたのは、これで7年連続となり、調査史上最長となった。景況感を示すDI値は、前年比9.3ポイント増の17.2と改善。また、2019年の見通しでは32.0と大きく上向いており、業績改善を見込む結果となった。経営上の課題(コスト上昇要因)においては、「労働者の確保」が69.0%で筆頭要因となった。トランプ政権の政策に対する関心については、「通商」が81.3%で最も高く、「追加関税」、「USMCA」、「日米貿易交渉」が上位に挙がった。米国で生産活動を行う企業の原材料・部品の調達については、米国内からの調達比率は58.1%となり、次いで日本(25.6%)からの比率が高かった。今後調達を拡大する先としては、米国内の地場企業(107社)や日系企業(52社)からの調達を拡大する方針がみられる。NAFTAに代わる米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)の総合的な影響について、「影響はない」と回答した割合は半数を超え(51.4%)、「分からない」が35.0%で続いた。

レポートをご覧いただいた後、アンケート新しいウィンドウで開きます(所要時間:約1分)にご協力ください。

シリーズ名:
進出日系企業実態調査
発行年月:
2019年02月
作成部署:
ジェトロ米州課
総ページ数:
33ページ

ファイルのダウンロード:

関連情報

ご質問・お問い合わせ