1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 調査レポート
  4. 2018年度欧州進出日系企業実態調査(2018年12月)

2018年度欧州進出日系企業実態調査(2018年12月)

2018年12月11日

最終更新日:

ジェトロは2018年9~10月、欧州に進出している日系企業に対し、経営実態に関するアンケート調査を実施した。有効回答は763社(有効回答率84.0%)

欧州進出日系企業の英国のEU離脱(ブレグジット)に関する最大の懸念は、「英国経済の不振」だった。ブレグジットによる「マイナスの影響」は、これまでの事業の影響ではアイルランド、今後の事業への影響では英国が最大となった。 日EU・EPA利用の上位課題は、「社内体制の整備」「サプライヤー/取引先との協力体制整備」「自己証明制度の手続き」が挙がり、具体的な活用方法についてに関心が移りつつある。

調査項目

  1. 営業利益見通し
  2. 進出国の景気の現状・見通し
  3. 経営上の問題点
  4. 従業員数の推移
  5. 英国のEU離脱
  6. 現地調達
  7. 今後1~2年の事業展開
  8. 高付加価値化・差別化の取り組み
  9. 将来有望な販売先
  10. EPA/FTA

レポートをご覧いただいた後、アンケート新しいウィンドウで開きます(所要時間:約1分)にご協力ください。

シリーズ名:
欧州進出日系企業実態調査
発行年月:
2018年12月
作成部署:
ジェトロ欧州ロシアCIS課
総ページ数:
51ページ

ファイルのダウンロード:

関連情報

ご質問・お問い合わせ