1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 調査レポート
  4. EU加盟各国における特恵原産性の事前教示制度(2018年12月)

EU加盟各国における特恵原産性の事前教示制度(2018年12月)

2018年12月25日

最終更新日:

EUでは、EUに輸入される産品の関税品目分類および原産地規則について、事業者からの書面による要請に対して当局が書面で回答する事前教示制度が存在する。本レポートでは、日EU経済連携協定(EPA)特恵関税の適用を受けるために押さえておくべき原産地規則の基本的なポイントとして、EUの事前教示制度のうち、特に、EU共通のフォームが特に用意されておらず、申請方法が各国当局に委ねられており情報が一元化されていない特恵原産性の事前教示制度(BOI:Binding Origin Information decision)について、EU各国税関等当局の窓口や、申請から回答までにかかる期間等基本的な情報を整理した。
なお、本レポート作成のために各国当局窓口へコンタクトした際に担当者から得られたコメントをレポート中に参考まで掲載しているが、BOI決定通知までの期間など、これらの情報はあくまで聴取時点で得られたものであり、公式情報ではない点に留意されたい。

レポートをご覧いただいた後、アンケート新しいウィンドウで開きます(所要時間:約1分)にご協力ください。

発行年月:
2018年12月
作成部署:
ジェトロ欧州ロシアCIS課、ジェトロ・ブリュッセル事務所
総ページ数:
142ページ

関連情報

ご質問・お問い合わせ