インド・カルナータカ州の水処理産業についての概観(2017年4月)

2017年04月14日

最終更新日:

現在インドでは、経済発展による都市部の人口集中や、地方部での排水処理施設不足が原因の水質汚濁により、水インフラの整備が急務となっている。インドの排水処理設備整備は、2005年から始まったジャワハラル・ネルー国家都市再生ミッション(JnNURM)など、各種政策のもとで整備が進められているものの、未だ不十分だ。特に南部の農村では、排水処理施設が十分でなく、湖や河川への汚水垂れ流しによる環境破壊や、地下に染み込むことで地下水の汚染が懸念されており、水処理施設の整備が喫緊の課題だ。
本レポートではカルナータカ州の水処理産業についての概観を、市場概況、利害関係者、政策・規制の切り口から報告する。簡易レポートではあるが、当該分野でビジネスチャンスを探る皆様の一助となれば幸いである。

発行年月:2017年04月

作成部署:ジェトロ環境・インフラ課

総ページ数:10ページ

関連情報

ご質問・お問い合わせ