1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 調査レポート
  4. 2017年度 アジア・オセアニア進出日系企業実態調査(2017年12月)

2017年度 アジア・オセアニア進出日系企業実態調査(2017年12月)

2017年12月21日

最終更新日:

ジェトロは2017年10~11月、北東アジア5カ国・地域、ASEAN9カ国、南西アジア4カ国、オセアニア2カ国の計20カ国・地域に進出する日系企業に対し、現地での活動実態に関するアンケート調査を実施した。有効回答は4,630社(有効回答率38.6%)。 

調査項目は次のとおり。

  1. 営業利益見通し
  2. 今後の事業展開
  3. 経営上の問題点
  4. 製造・サービスコストの上昇
  5. 原材料・部品の調達(製造業のみ)
  6. 輸出入の状況
  7. 現地市場開拓への取り組み
  8. 賃金

今年の調査結果のポイントは以下のとおり。

  • 黒字企業が増加、赤字企業が減少した。
  • 南西アジアを中心に景況感が改善した。
  • 事業拡大意欲は東南・南西アジアで堅調、中国で持ち直した。
  • 最大の経営課題は賃金上昇、ただし昇給率は前年から概ね低下した。
  • 製造業は、東南アジア諸国で現地調達率上昇したが、中国とは開きがある。
  • 非製造業は、将来の市場開拓ターゲットは「地場企業」へ移る。

レポートをご覧いただいた後、アンケート新しいウィンドウで開きます(所要時間:約1分)にご協力ください。

記者発表(日本語版)アジア・オセアニア進出企業の景況感改善、中国で事業拡大意欲が持ち直し -「2017年度 アジア・オセアニア進出日系企業実態調査」結果について-
記者発表(英語版)Results of JETRO's 2017 Survey on Business Conditions of Japanese Companies in Asia and Oceania

本レポートの英文版はReports and Statistics2017 JETRO Survey on Business Conditions of Japanese Companies in Asia and OceaniaPDFファイル(12MB)」に掲載されています。


発行年月:2017年12月

作成部署:ジェトロ・アジア大洋州課 、ジェトロ中国北アジア課

総ページ数:74ページ

関連情報

ご質問・お問い合わせ